FC2ブログ
とりあえずね、色んなこと書いてます。
2015年12月28日 (月) | 編集 |
滅多に見ないんだけどね、『情熱大陸』
こんまりさん

連ドラも全部終わったし、バラエティー番組は目新しさもなく、
何にも見たい番組が無いなぁ・・・とテレビ欄を見ていたら

ときめき片付けで有名な近藤麻理恵さんが出るらしいので録画して見た。

まぁ、あれね。片付け番組には必ずといっていいほどのゴミ袋の山が出来るわね。
あれをしないと、やっぱりスッキリ暮らすのは無理かもね。

でも、レッスン先のお宅のお父さんの考えにも賛同したわ。
タオル類ゴミ袋1袋分をそのまま捨てちゃうなんて、勿体なすぎる。
お父さんは野球のボールだっけ?なんかボールを拭くのにも使いたいし、
雑巾レベルになるまで使いたい。ときめかないだけでは捨てたくないのだ。

私もそうだ。
古くなったタオルは使いやすいサイズに切って拭き掃除に使ってから捨てる。
雑巾は手が荒れまくるので使っていない。
使い捨てだとタオルだけじゃ足りないので、綿のTシャツも切って使うし(もちろん洗濯済みのもの)
裏起毛のトレーナーやフリースの服なんて油汚れがすごく落としやすいから、切るの大変でも使う。
だから片付け番組を見ると、切って使えるもの、いっぱいあるんじゃないの~?って思ってしまう。
番組上、どんどんゴミ袋を積んではいるけど、取材班帰ってから使えるものは切っていてほしいものだ。

私なんかよりもっと再利用している人は、靴下とかも全部掃除に使ってるもんね。
片付けブーム=ゴミが異常に増える=自治体の負担 みたいな構図はどうかと思う。
でも、そうやってどんどん捨てて、お洒落な新しいものをどんどん買っていく人がいるお蔭で
経済が回っているのも事実だろうから、他人の家の片付けにケチをつけたらあかんよね。

あそこまでは捨てられないけど、私もちょっと断捨離してみようかな、と番組を見て思った。
年内最終のゴミの日に間に合うように。
ブログ書いてる間にさっさとやれよ、って話ですね。

お片付けコンサルタント、有名な人もそうでない人もいるだろうけど、
私は安東英子さんのが面白い。言動が豪快だしね。家具の利用法も含めてなので見応えありますわ。
講演会とかそっちのほうがお忙しいみたいだけど、またテレビで見たいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
          ↑ポチっとお願いします↑
スポンサーサイト



2015年12月16日 (水) | 編集 |
誰かあの結末を予想出来た人居るのかな?
前回の最後に猪熊がカラを撃ち殺した時の猪熊の目力の強さは気になっていたのよ。
1か月監禁されててもうヘロヘロ状態で助けられたのに、
咄嗟の行動にしても瞬時にあんなに意識がハッキリとするものなのか?という、ね。
でも撃ち殺されたカラさんの表情が凄すぎたり別荘が火事になったりして、
些細な疑問なんて飛んでしまってたわ。

そして最終回の始めに病室で里見と夕貴が再会した時、まず「里見君、ごめんなさい」が出るイメージだったのに出ない。
感情が高まりそうなシーンな筈なのに冷めた表情。
ゆきから
変だ。 キスをした里見も違和感を覚える。 タコアレルギーの筈の夕貴がタコを食べて母も変だと気づく。
里見の合鍵を渡された後、窓辺に立つ姿は夕貴の顔をしたカラの雰囲気そのものだった。

カラが整形して夕貴になりすますという設定は、身長だいぶ違うやん?と一瞬思ったけど、
木村文乃さんも菜々緒さんも演技が上手いので、そこは置いといた。
後でよく考えてみたら整形しても声が変わることもないから、里見も気付いてもいい筈なんだけどね。
そこも置いておこう。

アクションがとにかく凄くて前回別荘の外で挌闘するシーンも見応えありすぎて、
松坂さんはともかく菜々緒さんのはアクション俳優さんなんじゃないの?と思っていたんだけど、
どうやら菜々緒さん、鍛えまくってご本人がやってたらしい。
今回は木村さんも和製ターミネーターと化した里見に追われて俊敏な動きをしていたのが凄かった。
倒したバイクが木村さんの後ろからシャーーっと滑ってくるとこ、轢かれたらどうするの??ってハラハラしたわ。
あれは特撮だんだろうけどね。
和製ターミネーター

でもナイフとかを持った格闘シーンとなると、菜々緒さんが凄すぎて同一人物には見えなかったわ。
菜々緒さんの動きは殺しのプロが本気で松坂さんを殺しにかかっているような凄さだった。
アクションだけじゃなくて、里見に「お前が本当に殺したいのはお前自身だ」と言われた時の表情の変化の上手さ、
誰か菜々緒さんに何か賞を上げてください。
ななおさん

このドラマで菜々緒さんの評価は急上昇したね。
私の中では松坂桃李さんが急上昇だった。 世間じゃとっくに評価されてたみたいだけどね。
それにやっと気付けましたよ。 いい演技をする若手俳優さんだ。


最終回のストーリーは原作と違ってドラマオリジナルだったそうだ。
脚本の面白さってやっぱり一番大事だと思うわ。 このドラマは役者さんたちも勿論凄かったけどね。
それと、猪熊夕貴の双子の姉、十和田幸(整形してカラからまた整形して見た目猪熊)と夕貴のツーショットの映像、
今ってこんなに違和感なく撮影出来るようになっているのかと驚いた。
ふたごさん
昔見た山口百恵さんの一人二役はハッキリと『合成』だったのに、
どうやって撮影するんでしょね、種明かしを見てみたいわ。


そして最終回でもう一つ印象に残ったシーン。
里見が本物のカラの白骨死体を見つけた後、GPSで追ってきたカラと林の中で挌闘するシーンで、
0.5秒ぐらいなんだけどね、カラの表情に凍り付きました。
これ、菜々緒さん? やっぱりあのアクションシーンは細身の男性の女装だったんじゃないの?
いや、性別どうこうの問題じゃない気がする。 これは生の人間の顔に見えない。
カラホラー
(ちょっと明るく加工しましたが、夜泣きされても責任は取れませんので悪しからず)

ブログランキング・にほんブログ村へ
          ↑ポチっとお願いします↑
2015年12月10日 (木) | 編集 |
『結婚式の前日に』と『偽装の夫婦』のロケ先の家、同じですね。

に書いた豪邸が『オトナ女子』(9回目12/10)にも出てきましたわよ
やまぎしさん1


鈴木砂羽さん演じる、みどりの息子の同級生の家、山岸さん宅だ。
やまぎしさん2

『偽装の夫婦』の皆川宅では廊下と階段のシーン
偽装の家2

『結婚式の前日に』の園田宅ではダイニングキッチンのシーンを数回
前日の家2

『オトナ女子』の山岸宅は応接間(?)のシーン。

ということで同じクールの3つのドラマで一つの家をシェアしているということですか?

ダブりすぎてて混乱するわ・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
          ↑ポチっとお願いします↑
2015年12月03日 (木) | 編集 |
2004年度版もそんなに見てなかったんだけど、小沢真珠さんが大河内奈々子さんに毒づく怖い顔と、大河内さんのわざとらしい演技が印象的だった『牡丹と薔薇』が新しくまた始まったと知ってちょっと見てみた。

『遺産争族』も、昼ドラのようなドロドロの世界に爽やかイメージの向井理さんが引きずり込まれてショックだったように、
美山加恋ちゃんまでもがドロドロの世界に・・・とショックを受けながら一話を見た。

昼ドラ全般でそうなのかもしれないけど、あのわざとらしいオーバーな演技の中で加恋ちゃんだけが普通に上手だわ・・・なんて思ってたけど、わざとらしくオーバーな演技をしなければいけないのだろう。2話めはそれっぽくなってきていた。

中学生だっけ?妊娠してしまってお腹が大きくなりすぎてから病院にいったもんだから中絶もできず、
家で親と祖父母がケンカしている時に突然の絵に描いたような陣痛が始まり
2話の最初に病院の分娩台の上で出産シーンがあったんだけど、
分娩台の両サイドにいる看護師が小沢真珠さんと大河内奈々子さんで、担当のお医者さんが西村和彦さんという
「え”~~~!?」な組み合わせ。前回を見ていた人にはたまらん光景だったんじゃなかろうか。
ごしゅっさん

で、陣痛が来ている時、小沢さんと大河内さんが両脇から掛け声をかける。
「ひっ、ひっ、ふ~~!   吸って~吸って~吐いて~~!」

って、いやそこ違うでしょ!
台本にそう書いてあったのかな?
ひっ、ひっ、 の時は吸うんじゃなくて短く吐くんだよ。
吸ってたら過呼吸になりますから。

実は私がそうだったのだ。 一人目の時、仕事と里帰りの都合でどちらの病院の母親教室も、呼吸法の回に出そびれた。
本で仕入れたヒッ、ヒッ、フーは吸って吸って吐くものだと思い込んでいたので看護婦さんにも確認せずに挑んだら
気持ち悪くなっちゃって途中からビニール袋を吸わされたんだから。 ほんと死ぬかと思ったわ
後に友達から大笑いされたけど、
全部吐くならフッ、フッ、フ~~って書いとけよ~!ってラマーズ法を恨んだわ。
これから出産しようとするみなさん、くれぐれもドラマのを信じちゃ駄目ですよ。
まぁ今はネットで呼吸法の動画もありそうな便利な世の中だし、心配ないかな?

大河内さん、ご結婚はまだでしたっけ?と調べてみたら、大河内さんも小沢さんも出産経験がおありじゃないですか。
台本に書いてあってもそこは直しときましょうよ~。

とまたこのドラマも変なところが気になってしょうがない私です。

『新・牡丹と薔薇』公式ページはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
          ↑ポチっとお願いします↑